青汁コラム

乳酸菌入りの青汁が人気?効果効能は?


乳酸菌が入った青汁には、3つの効果があります。まず、乳酸菌による整腸の効果です。乳酸菌は腸の中で善玉菌として働きます。体にプラスになる働きをするのです。善玉菌の数が少なくなると、悪玉菌が増えてしまいます。悪玉菌が多くなると、腸の状態が悪くなります。具体的には腸の動きが悪くなり、便秘がちになります。アンモニアなどの有害物質が腸の中に発生し、口臭や肌荒れの原因になります。他にもデメリットがあります。悪玉菌が増えると、免疫力が低下します。善玉菌は免疫力を高めるのですが、悪玉菌が増えるとそれが少なくなるので、免疫力が落ちてしまいます。乳酸菌はこの悪玉菌を減らす働きがあるので、青汁の中に含まれているのです。


青汁には食物繊維がたっぷりと含まれています。これは乳酸菌と結びついて、腸にプラスになる働きをします。食物繊維は腸の中で善玉菌の餌になります。ですから、たっぷりの食物繊維を取ると、腸の中で善玉菌が増えていきます。おまけに、乳酸菌も入っているので、その増え方が確実になるのです。食物繊維は野菜などの食べ物から取ることができます。食べ物から取ることは必要なのですが、忙しい現代人の場合は、きちんとした食事をできない場合があります。そんな時に青汁で食事を補うことができたら、体の健康に大きなプラスになるのです。


このタイプの青汁には豊富なビタミンやミネラルも含まれています。ビタミンは腸内の善玉菌と密接なつながりがあります。ビタミンは腸の善玉菌が餌の食物繊維を吸収するのを助けます。だから、ビタミンが多ければ、善玉菌が腸の中で増えるようになります。特にビタミンCは体の免疫力を高めるために必要なビタミンです。青汁の中にはビタミンCもたっぷり含まれています。ビタミンCも野菜や果物から取ることができますが、仕事が忙しいときなどは摂取が難しいことがあります。青汁にはビタミンC不足を解消する効果も期待できるのです。


人気のフルーツ青汁

 

青汁コラム

 

青汁の効果について

 

ダイエットコラム