青汁コラム

青汁は温めて飲んでも良い?冷凍はどう?


飲み物は冷たいまま飲むよりも、温めて飲んだ方が良いと言われます。ですが、それは飲み物の種類によって異なり、健康食品である青汁に至っては温めて飲むの逆効果です。温めて飲むと逆効果になるのには、栄養素が関係しています。青汁は、人間の体の健康に必須な成分であるミネラル類とビタミン類が豊富に含まれている栄養補助食品です。ミネラル類とビタミン類は熱にとても弱く、温めてしまうとその成分の大半が壊れてしまうか減少してしまうのです。栄養を摂りたくて青汁を飲んでも温めてしまえば、栄養摂取の意味がほとんどなくなってしまいます。


ミネラル類とビタミン類を壊さず減らさず体内に摂取するには、温めないで常温のまま飲むことです。常温の状態は栄養成分が豊富なままであるので、最も効率的にミネラル類とビタミン類の栄養素を体内に取り入れることができます。温めないで飲むのが必須な青汁ですが、問題なのが冷凍して保存しているタイプでしょう。冷凍保存されている状態では飲めないので、解凍しなくてはなりません。解凍は時間がかかるので、つい温めてしまいたくなります。冷凍したものを解凍する際に熱を通すことでも、やはり成分は壊れてしまうので温めて解凍することは避けるようにします。時間はかかりますが冷凍保存された青汁の解凍は、室温に出して解かすようにしましょう。


冷凍保存したものは解凍しても冷たいので、お腹が弱い人は飲むのに苦労する方もいます。冷たいまま飲むのが苦手な方は、少し温めた牛乳か豆乳を入れて飲むようにしてみましょう。温度が60度以下の人肌程度の温さなら、ミネラル類・ビタミン類の栄養素が壊れることはありません。野菜は動物性たんぱく質や植物性たんぱく質と一緒に摂ると、体内での吸収率が良くなる性質があります。60度以下の温度の牛乳や豆乳を加えることで、お腹が冷えることを防止できる他に
栄養素の吸収率をアップできるメリットも得られます。


人気のフルーツ青汁

 

青汁コラム

 

青汁の効果について

 

ダイエットコラム