青汁コラム

青汁を飲むのに効果的な時間帯・タイミングはいつ?


青汁にはケールや明日葉、大麦若葉、緑黄色野菜などが含まれています。野菜不足を補うことができ、栄養価も高いです。


青汁は薬ではないので、1日の摂取量は決められていません。また、いつ飲まなくてはいけないのかというきまりもありません。喉が渇いたときにお茶代わりに飲んでも良いでしょう。


ですが、パッケージに1日の摂取量が書かれている場合は、超えないように気を付けます。あまり飲み過ぎると食物繊維の力によりお腹が緩くなることがあります。


青汁を飲むのに効果的な時間やタイミングとしてはその目的によって違います。


栄養を補充することが目的で飲む場合は、朝起きてすぐに飲むと良いでしょう。睡眠中に失われてしまった水分を補給することもできますし、体の隅々まで栄養を行きわたらせることができます。朝飲む場合は、ぬるめか温かくして飲むと、体が冷えなくて済みます。温めることによって青汁のにおいが気になることがありますが、そのような時は冷たいものをゆっくりと時間をかけて飲むと良いでしょう。


ダイエットが目的の場合は、食べる前に飲むようにします。空腹時に青汁を飲むことによって、満腹感を得ることができ、食べすぎを防止することができます。また、血糖値の上昇をゆるやかにするので、脂肪がたまりにくくなります。


便秘解消の場合は、夜寝る前に飲みます。胃腸の活動は夜に活発になるためです。注意点としては青汁は食物繊維が豊富に含まれており、消化が悪くなってしまうこともあります。お腹がはったり、腸がゴロゴロすることもあり、そういった症状の影響で眠れない場合もあるので、自分の体調や腸の様子を見ながら飲む量を決めるようにします。


青汁の効果を最低限に得るには、毎日継続して飲むことが大切です。少量から始め、徐々に量を増やしても良いでしょう。目的に合わせるだけでなく、朝昼晩と分けて飲んでも構いません。自分のペースや体調を考えながら飲むようにします。


人気のフルーツ青汁

 

青汁コラム

 

青汁の効果について

 

ダイエットコラム