青汁コラム

野菜ジュースと青汁は結局何が違うの?どっちがオススメ?


野菜ジュースと青汁の違いとしてはまず「原料」が挙げられます。野菜ジュースの場合は人参やほうれん草といったさまざまな緑黄色野菜を使用していることが多いのに対し、青汁の場合はケールや大麦若葉、明日葉といった野菜が主な原料です。


飲みやすさを重視した青汁の場合はそうした野菜に加えて他の野菜が使われることもありますが、それでも一般的に飲みづらいとされるケールなどの原料を野菜ジュースが積極的に多く使用するということはほとんど見られません。
そのためまずは原料が違うということは違いとしてあげられるでしょう。


次に違うのが「製造過程の処理」についてです。


一般的に野菜ジュースの場合はコンビニやスーパーに並べるために必要な処理として加熱処理が行われています。


これが行われることによって安価に大量の野菜ジュースが製造できるのですが、しかし加熱処理が行われた場合野菜に含まれていた酵素やビタミンが破壊されることにつながります。時折「一日分の野菜を原料としています」という野菜ジュースもありますが、これはあくまでも原料が一日分の野菜であるのであって栄養素が一日分の野菜に匹敵するわけではないわけです。


この点において青汁の場合はもともと健康食品として製造しているわけですから、酵素やビタミンといった栄養素をいかにそのまま残して製品にするかを考えて作られています。そのため製造過程においても最低限の処理が行われることが多く、コストが高くなる代わりに良質な栄養素を残しているわけです。


またこのほかにも青汁の方が飲みづらい、野菜ジュースの方が糖分などが多いなどの違いはありますが、どちらがおすすめかという話になると「その人のニーズによる」というのが答えになります。


例えば「手軽に美味しく最低限の栄養補給をしたい」というのであれば野菜ジュースを選ぶべきでしょうし、「普段不足している栄養素をしっかりカバーしたい」ということであれば青汁の方が向いています。


特徴が違う以上どちらの方が優れているということはありませんから、まずは自分が何を求めているかを考えて選ぶようにすると良いでしょう。


人気のフルーツ青汁

 

青汁コラム

 

青汁の効果について

 

ダイエットコラム