青汁コラム

青汁を飲まないほうが良い人もいる?ビタミンKとは?


青汁といえば野菜が原料であり、多少飲みにくいようなことはあっても、基本的に体によいと思われているでしょう。青汁を飲まないほうがよいというのは、野菜を食べないほうが良いと言っているようなもので、ちょっと考えられないのではないかという話です。ところが人間の体というのは不思議なもので、間違いなく青汁を飲まないほうが良い人もいます。


それには、実はビタミンKが関係しています。ビタミンKというのは脂溶性ビタミンの一つですが、ヒトの体内では血液の凝固に関与しています。ヒトは、転んだり擦りむいたりして多少ケガをして血が出ても、しばらくすると出血は止まります。これは、血液が凝固するための仕組みを持っているからですが、そのための因子の一つとして、ビタミンKが関与しているのです。


ですから、何らかの理由によりビタミンKが欠乏すると、出血しても血が止まりにくくなるということが起こります。ただし、上にも書いたようにビタミンKは血液の凝固のための因子の一つに過ぎません。ですから、仮に出血が止まりにくいという症状が起きたとしても、その原因がビタミンKの欠乏であるとは限りません。実際問題としては、普通の食事をしている限り、ビタミンKの欠乏はまず起こらないレベルであると考えられています。


少し話しが脇にそれましたが、問題となるのは、ビタミンKの作用を抑制するための薬を飲んでいる場合です。ワーファリンという薬が該当するのですが、これは、ビタミンKの作用を抑制することにより、血管内で血液が凝固してしまうのを防ぐ目的で処方されます。つまり、血栓症の予防などの目的です。


もしこのような人が青汁を飲むと、青汁は多量のビタミンKを含んでいますから、ワーファリンでは抑制しきれなくなるレベルのビタミンKが体内に入ってきます。すると、血管内で血液が凝固するのを防ぎきれなくなってしまい、血栓症などを起こしかねないのです。ですから、このような薬を処方されている人は、青汁を飲む前に医師に相談するようにしましょう。


人気のフルーツ青汁

 

青汁コラム

 

青汁の効果について

 

ダイエットコラム